初心者女子のチャリライフをもっと素敵に!

盛り上がり最高!アーミーライドに参戦しました!

ツール・ド・ニッポンのレースイベントの1つ、アーミーライドに行ってきました!アーミーライドは茨城の阿見町の自衛隊土浦駐屯地敷地内で行われる自転車レースで、今年初開催のなかなか楽しいイベントでした!

会場の手前ではグルメフェスが開催されていて、旬のいちごを使ったお菓子や餃子など地元の味を楽しめます。

img_article_armyride-4

ガルパンも応援!

自衛隊の敷地を跨ぐので、会場入口では手荷物検査があります。
細かなチェックをされる訳ではなく形式上の検査といった感じ。自衛官さんたちに金属探知機を向けられるのはなかなかない体験でした!

入り口からコース付近までは実物の戦車がずらりと並びます。
迫力満点の生の戦車を見るためにエントリーしたという人も多かったはず。
戦車の背後には立派な桜並木があり、お花見時期の一般開放もあるそうですよ。

img_article_armyride-1

障害物競走”レンジャートライアル”にエントリー!

今回私は、エンデューロの合間に開催されたレンジャートライアルという障害物競走にチャレンジしてみました。
レースの名前からスパルタンレースのような泥んこ障害物レースを想像していたのですが、その中身は…

懸垂5回

10kgの重り運び

中腰移動

シケイン超え

自転車スプリント

障害物どころかガチ訓練では…
懸垂5回をクリアしないとスタート出来ないとか辛すぎる。そもそも初開催なのでイメージが全然できない!
と、思いつつもなんだか楽しそうなのでエントリーしてみました!

ライダースミーティングと試走

まずは試走の前にしっかりとライダースミーティングを受け、試走で内容を確認します。

懸垂は特設の鉄パイプで行います。
高さが2mほどあり近づいて見上げると絶望感が…

img_article_armyride-5

試走時の絶望中の様子

懸垂でのルールは、男性の場合顎が棒の上に来るまで上げ、下げる時は肘が90度になるところまででOK。ぶらさがって休むのも可ですが、脚が地面に付いたら失格です。失格になっても退場せずそのまま最後まで走って帰ってきます。
女性の場合は脚を付いて休んでも、ジャンプで飛び上がってもOK。
更に本番では足場が用意されたので、身長160cm以下の私でも手が届くところからのスタートでした。
各ポイントの前では審査員の人が見ていて、旗が上がったらクリアです。

重り運びは、10kgの土嚢運び。手で抱えると滑って持ちにくく、男性は肩に担いで軽々と運んでいましたが女性にはかなりキツイ!

中腰移動は腰を落とした状態でコーンの間を移動。しっかりと膝の高さまで腰を落とさないといけないのですが、これが結構難しかったです。
最後にシケインという、30cmほどの板を3箇所跨いでいきます。

img_article_armyride-6

タイムトライアル形式で20秒毎に一人ずつスタート。
自転車は最初から持って移動しますが、各ポイントでサイクルラックにかけるようになっています。シケインの時には自転車を担ぎ、最後は1km弱の平坦路を一周走って終了の、4分〜6分程度の短いコースです。

実況つきでワイワイ楽しくスタート!

試走が終わり出走列に並んでいると、女性は4名しか居ない!
ちなみにエントリーは7人で、この時点で全員入賞確定です(笑)
スタート待ちの間、少ない女性同士で和やかにお話できました。

さて、いよいよ先頭がスタートを切り始めます。自衛隊のラッパのファンファーレが鳴り響き、これがまたテンション上がる!
タイムトライアル方式なので、1人1人実況されながら障害を乗り越えていきます。
懸垂は特に実況で注目されるポイントなので、軽々クリアする方には歓声が送られたり、なかなか身体が持ち上がらない方には周囲の観客みんなから「頑張れ頑張れ!」と応援の声が。
ちょっと恥ずかしさもありますが、盛り上がってすごく楽しかったです!

男性が走り終えたら、懸垂場所に足場が追加されて女性のスタート。
懸垂はこの日の為に3ヵ月かけてじっくり練習して来たものの、焦りもあり連続5回は諦め、ルールを最大限活かしてほぼほぼジャンプで乗り切りました(笑)

img_article_armyride-10

中腰移動も腰上がってると注意を受けながらもおまけでどうにか…!

img_article_armyride-9

土嚢運びは試走ではぐだぐだだったのものの、本番ではうまく肩に載せられてスムーズに走れました。

img_article_armyride-8

しかし土嚢運びが予想以上に酸素を奪う!呼吸が上がったままシケインを乗り越え、強風の中全然スピード出なかったもののスプリントを終えてゴール!

サークルメンバーが各ポイント追いかけながら熱い応援をくれたので、実況の方にも名前を呼ばれながらのゴールとなりました。応援の近さや実況のおかげで予想以上に楽しめました!恥ずかしさもちょっとあり、撮ってもらった写真がだいたい半ニヤケ…。

ゴール後はしばらく呼吸が戻らない…!無酸素運動の後のスプリントで、これまで出たどのレースより呼吸の上がり方が凄まじく、その後しばらく息苦しいままでした。気管支がダメージ受けている気がする!
エントリー時に受付で健康状態のチェックシートを提出したのですが、「軽い運動で息が上がる」の項目の重要性がレース後にひしひしと感じられました。楽しいイベントですが健康状態が不安な人は注意が必要です。

表彰式

午後の90分エンデューロが盛り上がる中、レンジャートライアルの表彰式が始まりました。
女性は参加者が少なかったので全員表彰台です(笑)

エントリー数が少なかった事もあり、なんとなんと、1位をいただきました!
上位3名までは勲章風メダルがもらえるのですが、予想以上にしっかりと重量のあるメダル!サイズ感もなんだか可愛くてすごくいい!!

img_article_armyride-11

自転車を始めるまでスポーツとは無縁だったので、メダルをいただくのは人生で初めて!
実は私、あわよくばメダルが欲しいと思ってのエントリーだったのですごく嬉しいです!

ちなみにその他のエンデューロレースの1位の方は迷彩柄のサイクルジャージをもらっていました。
エンデューロレースも、一周が短く応援場所とコースの距離が近いので盛り上がりますよ!
自衛隊になりきった人にはコスプレ賞が送られるので軍オタの人にもオススメのイベントです。

メダルと一緒に地元の名産品のお煎米をいただきました。ベイの字が米になっていますが、その名の通りしっかりとお米の味がして、食べごたえがあって美味しかったです。

img_article_armyride-7

ayumi

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Loading...
Menu Title