初心者女子のチャリライフをもっと素敵に!

十勝中札内グルメフォンド!~灼熱の北海道~

7月12日に開催された十勝中札内グルメフォンド!
エントリーをした半年前からずっと楽しみにしてきたこのイベント。思いっきり楽しんできました。

当日はなんと40度超えの猛暑。
この日、日本列島で一番暑かったの場所となりましたw

写真は別の日に撮影したので少し曇っていますが、コースはこんな感じ。

十勝中札内とイベント名にありますが、帯広市を中心としたコースになります。
帯広といえば漫画「銀の匙」で話題になった農耕地帯。
ひたすらに広い畑が続き、肉に乳製品に野菜に美味しいものがたくさんの素敵なところでした。

スタート~第一エイドステーション

コースは30Km、80Km、130Kmと3種類あり、私たちは80Kmコースに参加しました。
写真は同じホテルに宿泊だった130Kmコース参加のお兄さんと。

会場は受付とメンテナンステント他、補給食、アクセサリー等のブース、レンタルバイクのブースなどがありました。
メンテナンステントにはサポートライダーのおじ様たちが控えているので、空気を入れたり、自転車を運んだ際の不安も相談できます。

かわいいばん場に癒されながらスタートを待つ間、日差しがどんどん強くなり、ジリジリと気温が上昇。
9:00頃のスタートでしたがこの時点で既に暑かった!!

スタート後の景色はこんな感じです!
そして、終始こんな感じの景色でしたw
車通りも信号もほとんどなく、野菜や麦の畑に挟まれた道を気持ちよく走れました!

スタートから17Km地点の第一エイドステーションは幸福駅。
観光スポットとしても人気のある場所ですが、この日は自転車で埋まることにw

配給ではおびひろ極上水とクッキー、バターケーキをいただきました!
クッキーもバターケーキも美味しい!糖分で力が湧いてきます!
ちなみにこのおびひろ極上水、水道水だそうで、品質表示にもしっかりと「水(水道水)」と明記されていましたw
商品化されてしまうのも分かるほど、帯広の水道水は冷たくて美味しかった!

第一~第二ステーション(魔の無補給エリア)

第一エイド~第二エイドまでは30Km。
この区間、日陰なし、補給(自販機)なし、やんわり登り、そして風と地獄の区間になりました。
休憩を取らずに頑張れるかなと思ったのですが、

あれ、スピードが出ない。。

あれ、息があがって戻らない。。。

あれ、後頭部と首に熱がたまる。。。。!!!

このままじゃ熱中症だ!!!

この区間本当にみんなの体力を奪い、途中座り込んで動けなくなってしまっている方も見ました。
私もこのままでは危険と、休憩を取り塩分補給をして、スピードを少し落として進むことに。

意識して水分を取ろうとするとあっという間にボトルが空になってしまい、焦り出したところでやっっっと自販機にありつけました。

ここで水を2本買い、1本は頭から被るという初めての経験w
もういろいろとぐちゃぐちゃになりましたが、頭部の熱は引いて復活!
第二エイドステーションの八千代牧場直前は坂道があり、既にバキバキな心を折られつつも、熱が引いているうちに一気に向かいました。

高台なので景色が最高!
牛も居ます!!

八千代牧場では牛ほろほろ丼をいただきました。
暑さと疲労で食べられないかと思いきや、あんかけが優しくて完食できました。

第二~第三エイドステーション

八千代牧場でしっかり休憩をとって体の熱を冷ましてからは、前の区間の反省を活かし、
仲間に着いていこうと無理をしない。
単独で走らずなるべく前の人についていき体力を温存する。
という方針で行きました。

ここでまた初めての経験です。
後ろからサーっと追い抜いていく男性4人のトレインに便乗してみました!
長くて速いトレインに乗ったのは初だったので、トレインの効果を実感することができました。脚回るし疲れない!

ふとサイコンを見ると向かい風で35Km/h前後でした。
全然疲れないし気持ちいい!!
集団で走る一体感もあって楽しい!
あっという間に第三エイドステーションに到着しました!

第三エイドではサクふわスコーンとアイスティーやアイスコーヒー。
スコーンはサクッサクで小麦の味わいがしっかりしていておいしかった!

第三~第四エイドステーション

ここからもなるべく前の人と離れないようにして進みました。
しかしここで80Kmコース最難関の谷が。
気持ちよく下った先に立ちはだかる壁。心折られます。。

©Google

一緒に参加した仲間は谷を乗り越えたあとのエイドステーション手前で足がつってしまったそう。
塩分不足になるとつりやすくなるので注意ですね。

何とか乗り越えた先ではカマンベールチーズアイス!
濃厚でおいしい!!

時刻は14時くらい、休憩に座り込んだ人たちのやる気を奪う暑さでした。
残りは5Km!あと一息だと立ち上がり最後の帯広ライドを噛みしめながらゴールへ!

BBQ~感想

ゴール後は受付に報告してBBQ!
30Kmコース参加のご夫婦と、宿が一緒だったお兄さんと相席して団欒を楽しみながらいただきました。

お話を聞くと30Kmコースや130Kmコースのメニューのほうががっつりしていました。
カレー、お蕎麦+稲荷寿司、炊き込みごはん、野菜ジュースに野菜プリン…!
80Kmも野菜が食べたかった!
80Kmコースは経験浅く完走ギリギリの人が多そうだからメニューが抑え目だったのかもしれませんが、他のコースのメニューを聞くと羨ましく思えましたw
会場となっているペンション以外で宿を探すと近くても20Km以上離れてしまうので、がっつり食べたいけど走りたいという人は30Kmコースで宿や空港まで自走するというのもアリかもしれません。

ちなみに130Kmコースは斜度12度×1Kmくらいの劇坂があったとのことで辛そうでした。お兄さんは熱中症で1時間ほど動けなかったそう。
(130Kmコースにしなくてよかった!)

BBQのメニューは豚丼にイカやホタテの乗った焼き肉セット、サラダにジャガイモに豚の丸焼きにラクレット、デザートのケーキ。。。
お腹がいっぱいで食べれないものもありましたが、美味しいものづくしでした!
特にイカは関東で食べるものとは別物で、筋がなくやわらか~い!
甘くてホクホクのジャガイモもここでしか食べれない絶品!
お酒好きの方は赤白のワインやビールも楽しんでいました。

今回のイベント参加者は下は7才から、上は78才まで!
ご夫婦やご家族で参加してる方も多く、改めて自転車って一生の趣味だなぁと思いました。
おばあちゃんになっても自転車旅行やイベント参加を楽しんでいたいですね!

当イベントは次回の開催が既に決まっていて、次回は縄文由来の遺跡スポットを巡る考古学ツアーになるのだとか!
来年も頑張って帯広に行きたいと思います!
来年は130Kmコースに挑戦できるくらい鍛えられたらいいなぁ。

おまけの帯広観光

今回宿泊したのは会場から20数キロ離れたところにある帯広八千代ユースホテル。
会場自体がペンションになっているので宿泊込での申し込みも可能ですが、宿泊費が少々高いため別で探しました。

20数キロ離れたユースホテルでも、一番近いのだと思いますw
ちなみに会場最寄りの帯広駅周辺にも宿はありますが、こちらも30キロ以上離れております。

事前に色々と相談に乗っていただいたり、当日会場まで送っていただいたり、とってもよくしていただきました!

朝晩の食事も美味しかった!
自家栽培のお野菜や食材の美味しさの上、丁寧で優しい味付けでお腹も心も満たされました

イベント翌日は観光ツアーをお願いし、冒頭の写真を撮影した帯広を一望できる展望台や、天然温泉、六花亭の店舗や回転寿司に連れて行っていただきました。

天然温泉はモール泉という世界でも珍しい温泉で、お肌がツルツルに。
電気風呂もあったのでイベントでの脚の疲れもしっかり癒せました。

当初はイベントに参加できればいいかなというくらいであまり観光は考えていなかったのですが、ユースホテルのおかげで美味しいものもたくさん堪能でき、楽しくて大満足の旅になりました!


ayumi
ayumi

愛車:SPECIALIZED DOLCE SPORT 購入:2014年8月

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Loading...
Menu Title