初心者女子のチャリライフをもっと素敵に!

Morvelo夏セールで早めの冬支度!ジレとジャケットレビュー

あっという間に夏が終わり、段々と気温が下がってきて冬物が欲しくなる時期ですね。
私は夏の終わりにあったmorveloのセールで早めの冬支度をしてしまいました!
セールとは言え普段の買い物からすると決して安くはないので、厳選した2アイテムを購入。

morveloは2009年に登場したイギリスのサイクリングウェアブランドです。
今回は黒色ばかり購入しましたが、柄物のデザインが得意なブランド。
遊び心のあるモチーフとポップな色使いがかわいく、サイクリングシーンが楽しくなるアイテムが揃っています。

購入方法

morveloはwiggleなどの通販サイトでも取扱がありますが、ブランドショップにしか扱いのないアイテムもあります。今回はブランドのセールを利用したかった為ブランドショップから購入。

お値段はそれぞれ£50で、日本円で7500円くらい。£100で配送料無料になるので、£100+関税分のお買い物になりました。

配送はDPDというドイツの運送会社を経由し、日本郵便が届けてくれます。

購入から10日くらいで日本に到着しましたが、ここで痛恨のミス。不在届に気づかず受け取れなかった。。追加のお知らせなどは全くないので届いていた事に気づかず保管期限ギリギリに受け取りました。
ちなみに配達状況は海外ではDPDのサイト、日本到着後は日本郵便のサイトで確認でき、再配達依頼も日本郵便のサイトから手配できます。

Womens Stealth Hemisphere Gilet

購入一品目はジレです!
ジレは「いつ着るんだろう?」と思っていたアイテムですが、擦れに弱いお気に入りジャージの保護の為という不純な動機で買ってみました。

img_article_morvelo-4

実際に着てみるとなるほど暖かい!
腕や肩から冷えるからお腹だけ温めても…。と思っていましたが体幹を温めると身体全体の冷えを防げますね。

購入したのは少し厚手の生地で真夏には暑そうですが、背面全体がメッシュ生地になっていて熱を逃してくれるなど、年間を通して使えるよう設計されています。
夏の間でも、高山ヒルクライムや荒天時のライド、ダウンヒルなどで役に立ちました。

img_article_morvelo-3


ポケット付きが絶対いい!

ジレはポケットがついているかどうかで値段が変わりますが、圧倒的にポケットつきの方が便利です。
裾をめくってポケットを探すのは面倒だし、単純に収納力が増えるメリットも。ちょっとしたお土産や飲み物を買った時などに意外と役に立ちます。

Morveloのジレには4つ目のサイドポケットが付いていますが、右ポケットの縫い目部分に隠れるようについていて、ぱっと見ではわからないようになっています。
細かい部分のシンプルさの追求がおしゃれですね。

img_article_morvelo-2

また、背中のポケットをひっくり返しながら生地を詰め込んでいくと、コンパクトに丸めることもできます。

img_article_morvelo-21

パターンが美しい!シンプルさにこだわったデザイン

全体的に真っ黒でシンプルなデザインで、ブランドロゴも控えめ。胸元と背面ポケットにロゴマークと、タグにロゴタイプが小さく入っているだけなので、他のブランドジャージと合わせても違和感なく着こなせそう。
ちょっと派手な色のジャージや袖にデザインの入ったジャージを合わせてもかわいいですね。

img_article_morvelo-6

肩口は着た時に直線になるよう設計されていて、シルエットがすごく綺麗!
他のブランドでは肩口がゴムでしぼられてたり括れたラインになっているものをみかけるのですが、Morveloのパターンは圧倒的に美しい。
ウエストのくびれも綺麗に出てジャージとのフィット感も抜群です。
派手めな柄物ジレもあるので、ジャージと合わせて遊んでも楽しそう。

耐水性がすごすぎる

morveloの防寒系グッズは耐水性がしっかりしているのが特徴。
見てくださいこの撥水力!水滴は全く染み込むことなく生地の上を転がり続けます。

img_article_morvelo-20

耐水性があるのは前面だけですが、雨風をしっかり防いでくれるので冷えから身体を守ってくれます。
荒天ライドの時に利用してみると、パッと払うだけで雨粒が落ちて感動しました!

耐水性で目が詰まっているので全く伸びない生地かと思いましたが、伸縮性もバッチリ。縦にも横にもよく伸びて身体の動きを邪魔しません。

サイズ感

サイズはセール品なのでMしか在庫がありませんでした。海外サイズなのでMだと私には大きいのですが、アウターなので大きめでもいいかなと購入。
着た感じはあまり違和感なかったのですが、裾がかなり長くポケットがかなり下の方に位置する形になってしまいました。
思ったよりポケットが下すぎて後ろ手に探しにくくなりますが、中のジャージとポケットの位置がずれて、中身が重ならず嵩張りにいというメリットもあるのでこれはこれで良しとします笑

まだ数回しか着れていませんがかなり満足度の高いアイテム。
どのジャージとも合わせやすく使える期間が長いのでたくさん活躍しそうです!

Hemisphere Gilets

Womens Black Windproof Thermoactive Jersey

冬用ジャージは高いのでセールのうちに購入!
防御力の高そうなウインドプルーフのものを購入してみました。

img_article_morvelo-9

暖かくて柔らかく着心地抜群のサーモアクティブ!

こちらもジレと同じく前面は耐水仕様で防風、そして背面、側面や襟袖はサーモアクティブ素材になっています。
商品名に入っている「サーモアクティブ」は素材の名前で、ユニクロのヒートテックみたいな感じですね。
ポリエステルマイクロファイバーでできていて、裏起毛で暖かさを保ちつつ、通気性に優れ余計な熱はしっかりと逃がしてくれる素材です。

サーモアクティブ自体はレイアリングの基盤になるようにと設計された素材で、以下のように紹介されています。

  • 涼しい日には一枚で
  • 肌寒い日にはベースレイヤーやジレを重ねて
  • 雨の日には上に防水ジャケットを
  • 極寒の日にはベースレイヤーの上、防風ケットの下に

今回の商品は全面が防風仕様なので、ジレを重ねたり冬用ジャケットを着込まなくても大丈夫らしい!

実際に触ってみると、内側の裏起毛はふわふわで触った瞬間暖かい!
厚みもそこそこあり、手持ちのジャケットと変わらないくらいでした。

img_article_morvelo-16

襟はかなり高めに4cmほどあるので、首元をしっかり温めてくれるのが嬉しい!
柔らかい生地なので、高めの襟でも苦しさは全くありません。

img_article_morvelo-15

全体的に伸縮性の高い生地なので、動きやすく着心地がかなりいいです。
特に前面の生地が柔らかいので前傾姿勢をとった時に詰まる感じがなく楽に身体を動かせました。

サーモアクティブの性能といい着心地といい、秋冬はこれなしでは走れなくなる予感がひしひしとしています!

デザインに機能性もプラス

胸元に入る横ラインがデザインのポイントになっていますが、よくみるとリフレクト素材になっていました。
一見普通のグレーに見えますが、車などのライトを受けて反射するようになっています。

img_article_morvelo-22
img_article_morvelo-8

反射していない時は濃グレー

 
背面のラインは右半分まで。流行りの機能性素材をうまく取り入れたニクいデザインですね。
ジレと同じくシンプルでロゴの主張が強くないので、シーンを選ばず使えます。

img_article_morvelo-12

ちなみに、こちらもジレと同じく4つ目の隠しポケットがついています。

img_article_morvelo-14

サイズ感

セール品のためサイズがXSしかなかったのですが、海外サイズなので日本だと9号くらいのサイズ感になりそう。
実際着てみると、やや丈は短めですが胸囲やウエストは問題なくぴったりでした。
ただし袖口だけキツイ!!
風を通さない為ですが拳をすぼめてやっと入りました。活動計や腕時計をしたままだと引っかかってしまいます。

img_article_morvelo-19

秋のライドで着用してみて

10月の肌寒くなり始めた頃に福島遠征の機会があり、着るものが分からなかったのでMorveloで乗り切ってみました!
気象庁の記録では最高気温16度くらい、朝方は10度を切るような気温です。
遠征なので持って行く服に迷ったのですが、Morveloを信じてジャージ一枚、ノースリーブインナー一枚を持っていきました。
暑かったらファスナーを開けて対応すればいいし!
防風なのでジレやウインドブレーカーが不要で、荷物が減ってすごく助かりました。

涼しい日のポタリング

10度前後の気温では、走り出すと顔にひんやりとした風を感じ、春秋用のレーパンも全く風を遮ってくれません。冷蔵庫の冷気を浴びている気分。
比べてMorvelo防風ジャージを着ている上半身はと言うと、風を受けても全然寒くない!すごい!
熱はしっかり出してくれるので、多少踏み込んでも暑いと思うことはありませんでした。
暑くも寒くもないちょうどいい適温を保ってくれます。

友人たちはジャケットにジレやウインドブレーカーを重ね、インナーも色々重ねていたようですが、何を着ようか考えるのが大変そう。この点防風の強みをすごく感じました。

日中の登り

道沿いの温度計では18度くらいを指した昼下がり、ちょっとした坂を登ってみました。
なるほど余計な熱は背中から逃げていく!
途中登りながら首元と腕に少し熱がこもる感じがありましたが、ファスナーを開ければあまり気にならなくなりました。
さすがに気温が上がると強度を上げたい人には少し暑いかもしれませんね。15度以下から活躍しそう。

汗冷えは多少ある感じがしましたが、ここはインナーを工夫すれば大丈夫そう。

割と軽い気持ちでセールだし1番暖かそうなのを、と買ってみましたがこんなに便利だったとは。すごく良かったので合わせてタイツも欲しくなりました!寒さが怖くなくなり、秋冬冬のライドが好きになるアイテムです。

Womens Black Windproof Thermoactive Jersey


ayumi

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Loading...
Menu Title