初心者女子のチャリライフをもっと素敵に!

2018年版 スポーツ用強力日焼け止めまとめ

自転車に乗るとどうしても避けられない日焼け!完全防御の月光仮面スタイルの女性ライダーさんもよく見かけますが、呼吸を妨げるスカーフはしたくないという方も多いはず。
私も口を何かが覆っているのは苦手で、夏場は日焼け止めで頑張っています。

一度自転車に乗る時に1000円以下の普通の日焼け止めを使ったことがあるのですが、汗ですぐに落ちてきてべたべたに…見事に日焼けしてしまいました。
長時間の日差しと大量の汗に打ち勝つには、やはりスポーツ用の強力な日焼け止めが必要です!

みんなが知りたい日焼け止めの比較記事を書くぞ!と息巻いて化粧品各社公式サイトを見てみたものの…なんだこれ自転車のパーツよりよくわからん…。横文字ばっか並んでるけど効果がよくわからん…女子舐めてんのか…。
成分の効果をなかなかお伝えしにくいものもありますが、試供品の使用感などを踏まえ簡単にまとめてみました。

今回紹介する商品は日焼け止めの中でも野外のスポーツや海のレジャー向けの強力商品。SPF値が高いことは前提として割愛しております。価格帯もどれも同じくらいなのですが、自転車に乗る際背中のポケットに入れやすいミニボトルで比較してみました。

資生堂 アネッサ

万能で王道!迷うならコレ!

王道アネッサ、2017年までの金のアネッサは抜群の実力の人気商品でしたが、2018年の金と銀が一つになったパーフェクトUV スキンケアミルクはさらにパワーアップ!

◎せっけんで落ちる
80分の耐水テストクリア
◎乳液タイプ、さらさら系
◎香り抑えめ
50%が美容成分*
○白浮きしにくい
サンドプルーフ

*スーパーヒアルロン酸、マリンコラーゲン、アロエエキス、バラ果実エキス・DG、アセチル化ヒアルロン酸、緑茶エキス、桜葉エキス、トルメンチラ・DG

肌に伸ばすとサラッとパウダー状の質感に変化し、べたつかない!香りも抑え目で好感が持てます!
紫外線ダメージや野外の風を受けて乾燥する肌にも嬉しいスキンケア成分がたっぷり入っているのも嬉しいポイント。

今年は砂が肌につきにくいサンドプルーフ機能もプラス。
ロードバイクで走っていると塵や砂などがいつの間にか肌にくっついて、顔が真っ黒になっていることもあるので、これはかなり嬉しいかも。

敏感肌用や美白ジェルもあるので自分に合ったタイプが選べますね。
デリケート肌用はパラベン・アルコールフリーで、更に空気中の微粒子からも肌を守ってくれます。

ミニボトルは1,064円で20ml。公式サイトでは表記のみで写真はなく、店頭でも置いていないお店もありますが、ミニボトルもちゃんとあります!

アクアブースター技術

注目キーワードは汗を味方にするアクアブースター技術。
これまでの日焼け止めは汗をかくことでだんだん効果が落ちていきますが、アネッサは汗を味方にして強くなる!

従来の日焼け止めでは、日焼け止めの膜がムラになり、厚みの薄い部分から日焼け止めの膜が剥がれやすくなっています。アクアブースター成分は、汗と結合することで均一に肌に密着し、より紫外線防御効果が高まるようになっています。

メイクアイテム

アネッサのメイクアイテムは下地&BBクリーム、おしろいミスト、アイブローの三種類。
その中のアイブローを試しに購入してみました。
ノック式でかなりサラサラの液状で、液が多いと肌に滲んでいくような感じあります。
筆は細くしなやかで使いやすいですが、テクスチャーがちょっと扱いにくいので、いつもの眉メイクをした後にコーティングとして重ねるのがいいかも。

img_article_sunscreen-make_02
img_article_sunscreen-make_03

さて、その実力ですが、2枚目の写真一番上のラインが水で濡らして30回ほど擦ったもの。流石にこすると薄くはなりますが、水につけただけではびくともしません!
これならたくさん汗をかいても大丈夫ですね。
普通のクレンジングでは落としにくかったので、使用するときにはポイントメイク用などの強めのクレンジングがあったほうがよさそうです。

資生堂 アネッサ

コーセー SportsBeauty

動きの激しいスポーツに

2016年デビューのSportsBeauty。名前の通り野外でのスポーツをする方に向けた商品になります。
ジェルタイプとミルクタイプのスーパーハードとスーパースムースの3種類があります。
スーパーハードはヒートリアクション成分という熱に反応してゲル化する成分配合、スーパースムースには皮脂を吸収してもサラサラに保つ「サラサラチェンジ処方」になっています。

○せっけんで落ちる
汗、動きに強い!
○ジェルタイプとミルクタイプ、サラサラ系。
◎柑橘系の香り
◎ヒアルロン酸EX、コラーゲンEX、アセロラ果汁エキス、スクワラン配合
△ミニボトルのコスパは低め

柑橘の爽やかな香りで、日焼け止めの香りが苦手な方にはいいかも。香りは数分で落ち着きます。

ミニボトルは20mlサイズで1,380円(amazon,2018,4月時点)。こちらも店頭ではあまり見かけないかもしれません。価格は他の商品よりちょっとだけ割高になっています。

ウェアプロテクト処方

コーセーが注目したのは、汗だけでなく動き。激しい動きによって日焼け止めがヨレて落ちないようなストレッチ成分が配合されています。
このストレッチ成分というのは(ビニルジメチコン/ラウリルジメチコン)クロスポリマー。シリコン系の合成樹脂で、撥水性・コーティング力に優れた成分です。
ボディをしっかり守りたいという方にはいいかもしれませんね。

コーセー SportsBeauty

カネボウ ALLIE

美肌もキープしたい方に

今年のアリーはパッケージリニューアルもあって更に進化。
ランダムにカットされたキャップのデザインが可愛いですね。

◎せっけんで落ちる
80分の耐水テストクリア
○日焼け止めの香りとアルコールの香り強め
○とろみの強いジェル
○ヒアルロン酸、コラーゲン配合
コスパ高め
◎香料、パラベンフリー
化粧下地効果
○深層部ダメージUVバリア技術

アリーは衣服の擦れに強いので、ラフな格好の時や通勤の時などにおすすめ。
化粧下地効果でお肌もキレイに見せてくれそうです。
また、パラベンフリーで敏感肌の人にも評判の商品です。

ちょっと残念なのが、アルコールの香りが強いこと。その分塗った後にひんやりとした気持ち良さはあります。

ミニボトルは40gで1,124円(amazon,2018,4月時点)と上に挙げた商品よりお手頃です。

フリクションプルーフ

フリクションプルーフは摩擦への強さ、衣服や汗を拭う時のこすれに対しての強さ。摩擦によって日焼け止めの膜がダメージを受けても、形状を元に戻す弾力性を持っています。

メイクアイテム

アリーはBBジェルを始め8種類のメイクアイテムが揃っています。
マスカラやアイライナーなどのアイメイクやフェイスパウダー、そしてウォータープルーフメイク用のメイク落としも。
それぞれプチプラなので買い足しやすいですね。
特にBBジェルはカバー力もあり、少量の水ではびくともしませんでした!

カネボウ ALLIE

Aggressive Design

最強クラス!塗り直したくない人に!

チェーンオイルなどでお馴染みの和光ケミカルがプロロードレースチームと一緒に開発したTop Athlete Sun Protect “Fighter”。
その効果はプロ選手の折り紙付きです。

✕専用クレンジングが必要
大量の汗でも流れないスウェットプルーフ
△ノビはいいが多少のベタつき
◎香り抑えめ
◎7種類の植物エキス※、ヒアルロン酸Na配合、キタンニン配合
◎無香料・無着色・無鉱物油
塗り直し不要!
✕塗り直しの時は白浮きしやすい
✕ミニボトルなし、コスパ低め
✕ドラッグストアや大手通販サイトでの取扱なし。購入は自転車ショップへ。
※ナツメ果実エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、オタネニンジン根エキス、マヨナラ葉エキス、ワイルドタイムエキス

使用感ですが、肌に伸ばして見るとオイリーな感じがあるものの、しっかり密着するのでベタつくというほどではありません。

img_article_sunscreen-make_04
img_article_sunscreen-make_05

62gで3500円とコスパ低めで取扱店舗が少ないというデメリットはあるものの、長時間日差しと戦う選手の事を考え抜いた大きなメリットが2つあります。

「塗り直し不要」の落ちにくさ!

ほとんどの日焼け止め商品の説明には「こまめに塗り直して下さい」と記載がありますが、アグレッシブデザインにはそれがありません。
塗り直す時間のない選手のため、あえて専用クレンジングが必要というデメリットを背負ってでも耐久性を追求した商品なんです。

肌にも優しい

機械向けの工業製品を扱う会社の製品ということで、身体に悪そうな成分を使っているのでは?というイメージを持ってしまうかもしれませんが、アグレッシブデザインは全くの逆!!
保湿成分として7種類の植物エキスが入って、さらに無香料・無着色・無鉱物油と余計なものを使っていません。
日焼け止めとしての高い効果を保ちつつも、肌へのストレスをかけないことも、選手のパフォーマンスを考えてこそですね。

ブランドサイトではプロアスリートとの対談、インタビューやアスリート・スキンケア・アドバイザー 橋本ワコさん監修によるテクニック解説もあって読み応えがありますよ!
Aggressive Design

私のオススメ使い

最終的に私が落ち着いたのはアグレッシブデザインとアネッサのダブル使いです。
アグレッシブデザインは本当に焼けないので、安心感がすごい!
一緒に走るのが男性ばかりだったり、休憩トークが盛り上がったりして塗り直しをサボっても全然大丈夫。

ただ、使って見ると紫外線を浴びた後に多少のヒリヒリ感が。
ライド中の午後から日焼けした時のようなヒリヒリ感が始まり、赤みは数日間続いてしまいました。
塗ってすぐのピリピリではないので、成分が強すぎるという事でもなさそう。もしかしたらリムーバーをケチってしまったので落としきれてなかったという可能性もあります。他にこうした声は聞かないので使い方か相性の問題かもしれません。

しかしなぜか塗り直しにアネッサを使うとヒリヒリが落ち着くのでダブル使いをするのが私のベストな使い方。
アグレッシブデザインは塗り直し不要とはいえ、流石に丸一日はちょっと怖く、長時間走る時には塗り直しをするようにしています。しかし汗を書いた状態だと白浮きしてしまってうまく塗れないので、その意味でも塗り直しにはアネッサがベスト。
塗り直すのはお昼休憩の時だけでOKなのでタイミングも掴みやすくなりました。


ayumi

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Loading...
Menu Title