初心者女子のチャリライフをもっと素敵に!

CYCLE MODE 2016 気になるアイテムまとめ

去年に引き続き今年も行ってきましたCYCLE MODE!
多数の企業や自治体が出店する中、気になったアイテムやブースを紹介していきたいと思います!

アパレル

Pearl izumi / Nalini

パールイズミは、ビートルズ来日50週年を記念して作られたコラボジャージを展示していました。
シンプルな杢調のジャージから、イラストを使ったポップなジャージまで6種類。
どれもさり気ないデザインで、街乗りや通勤でもオシャレに使えそうですね。

img_article_cyclemode16-8

Peal izumiブース内のNaliniコーナー。
幾何学模様と色使いがきれいなウェアが並んでいました。柄の種類も豊富です。

img_article_cyclemode16-9

そして安定のかわいさのBianchiウェア。
Bianchi乗りじゃないとなかなかウェアには手を出しにくいですが、このままお部屋に飾りたくなるようなかわいさです。

img_article_cyclemode16-10

CABALLERO

台湾のスポーツインナーブランドCABALLEROのインナーは機能性バツグン。

img_article_cyclemode16-16

こちら、ただのスポーツブラではありません。よくみると胸の下に心拍計らしきものが!
最近では腕時計型の活動計で心拍をとる人が増えていますが、胸の下につけるタイプの心拍計を利用したい人にはお悩みが多いですよね。
女性にはベルトが緩かったり、汗が溜まったり、冬場は冷たかったり、スポブラと当たって落ち着かなかったり。。。このインナーなら、生地の上から取り付けた心拍計でしっかり計測できるので、お悩みは全部解決するのでは!

CABALLERO製の心拍計じゃなくても、スナップで取り付けるタイプのものなら取り付けが可能なようです。
取り付けに関してはこちらのFAQに明記されています。

アームカバーも立体構造でシームレスと使いやすそう。

img_article_cyclemode16-17

CABALLERO

SUNVOLT

キャラクターグッズコラボ商品やオーダージャージを扱うSUNVOLTでは、なんとリラックマグッズが登場です!

img_article_cyclemode16-23

ジャージはちょっと恥ずかしい、という方には、リラックマがさり気なく隠れたバーテープやドリンクボトルもありますよ。

img_article_cyclemode16-24
img_article_cyclemode16-25

エンドキャップもたまらないデザイン…!

img_article_cyclemode16-27

ブースでは数が少なくなっていましたが、もちろんリラックマ、コリラックマのタイプもあります。

SUNVOLT

アクセサリー

Ebon

台湾のスポーツアクセサリーブランドEbonでは、ドリンクボトルやライトなどの小物が充実。
特にバーテープは種類が豊富でかわいいものばかり。

img_article_cyclemode16-28
img_article_cyclemode16-29

ブランドサイトを見ると、展示されていたものよりもさらに豊富なラインナップが。
反射素材の入ったもの、メタリック、タオル地など異色なものや、ハンドルに巻きつけた時にグラデーションになるものなどもあるようです。

Ebon

ブラケットフード

「ブラケットフードを変えるぞ!」と言って商品を探す人はなかなかいないのではと思いますが、ブラケットフードも変えられるんですね…。
SHAKESのブラケットフードは純正のものと違って差し色が入っているので、フレームに合わせてカスタマイズしたいという方にも良さそう。
また、やはりこちらも見た目だけの商品ではありません。軽量性、剛性にこだわった日本製で、二種類の硬さから選べます。

が、実際に長時間使ってみないとその良さは分からないかもしれませんねw
展示品を触っても硬さの違いに首を捻る人がほとんど。よく触るとなんとなく分かるのですが、製品自体が薄いので一度触った程度ではなかなか違いが分かりません。
ですが、サドルと同じように人の体に近いパーツなので、グリップに不安のある方や手が痛くなってしまう方はこだわって選んでみてはいかがでしょう。

img_article_cyclemode16-19
img_article_cyclemode16-20

SHAKES

来るか?コーヒー×自転車ブーム!

去年はなかったかと思うのですが、コーヒーブースが今年は2箇所もありました!

マイヨ工房の焙煎珈琲

山梨にあるコーヒーショップ マイヨ工房と、都内を中心に自転車店を経営するVERY GOOD INC.のコラボブースでは、サイクルモードオリジナルの200円のドリップパック購入の方にミニカップでの試飲サービスを行っていました。
頂いたコーヒーは酸味が少なくて飲みやすいお味。

img_article_cyclemode16-12

ちょっと分かりにくいですが、店員さんたちの後ろに写る写真はマイヨ工房店舗のお写真だそうです。
店舗では、豆の販売や木製ハンドドリップスタンドなどのDIY体験ができるみたいですよ!

マイヨ工房

アウトドアなコーヒーグッズ

もう一箇所のコーヒーブースは360°TRAVELLER’s CAFÉの中にありました。

img_article_cyclemode16-35

写真中央はハンドルの下に取り付けられるカップホルダー。
最近都内ではおしゃれなコーヒースタンドも増えているので、カップホルダーは街乗りや通勤との相性バツグンですね。

moca

そしてあまり見慣れない三角錐型のものは、実はコーヒードリッパーなんです。
3枚の板から出来ていて、ちょっとコツが要りますが分解&組み立てができて持ち運びに便利。
サイズは1.5cup用のもので106×69mmと名刺より一回り大きいくらい。ステンレス製とポリプロピレン製のものがあって、それぞれ25gと12g。
省スペースなので家やオフィスでも活躍しそうですね。

MUNIQUE

フレーム

初音ミクモデル

今年も一際目立つレーシングミクモデルのフレーム。
ポイントの虹色グラデやモザイク柄が今年っぽいデザイン。
よく見るとヘッドスペーサーの色など細かいとこらまでこだわりが感じられます。

img_article_cyclemode16-22

西陣織カーボン

BOMAのブースでは西陣織カーボンの巨大なノボリが人を集めていました。
西陣織?どういうこと?と近づいてみるとトップチューブに美しい西陣織模様が!
日本の伝統技術が自転車ともコラボするなんて素敵ですね。

img_article_cyclemode16-3
img_article_cyclemode16-4

折りたたみ自転車の魅力

折りたたみ自転車ではBROMPTONが有名かと思いますが、今回注目したいのはCARACLEというメーカー。
コインロッカーやスーツケースにも入る世界最小の折りたたみ自転車を開発しつつも、更に小さく軽いモデルを開発中なんだとか。
CARACLEでは走行性能を犠牲にしないことにこだわり、乗鞍1時間半切りなど、各レースでの実績も作っています。

自転車の魅力にハマった女性でも、輪行になかなか慣れない、一人暮らしの部屋を圧迫している、というお悩みを抱える方も多いと思います。
小さい折りたたみ自転車なら、収納スペースを割かず、旅先に持ち出すのも楽ちんでいいですね。

img_article_cyclemode16-13
img_article_cyclemode16-14

CARACLE

その他

新城選手登場のSHINGA BEER

なぜか新城選手はシンハービールの小さいブースでトークショーwタイミングよく近くで観ることができました。
「イベントブースと間違えてませんか?」と恋人の飯島美和さんに茶化されながらも、合宿で毎年通うタイの魅力について語ってくれました。

「もしタイに来たら一緒に走りましょう。ペースは落としませんよ」

「日没が近づいて来るときには50km/hくらいで急いで帰ります」

なんて仰ってましたが新城選手と一瞬でも一緒に走ってみたい方は是非タイにw

img_article_cyclemode16-33

その他スナップ


ayumi

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Loading...
Menu Title