初心者女子のチャリライフをもっと素敵に!

ロードバイクを始めたい!どんな服で走ればいい?

前回ロードバイクをこれから始めたい方のために必要なアイテムを紹介しましたが、今回はウェア・バッグ関連で必要な物のメリットとお値段目安をまとめてみました。

ロードバイクに乗る時には、サイクルウェアを着なければいけないということはありません。動きやすい服装でOK。
ですが、お値段高くても専用ウェアを買う理由はちゃんとあります!

ウェアやバッグに共通するポイントは「汗対策」。
ロードバイクに乗るとあっという間に身体が温まり、真夏は全身汗だくになってしまいます。
ウェアは汗をかいてもすぐに逃してくれる吸汗速乾性、通気性のあるものを、バッグやお財布はできれば防水性のある濡れにくいものを選ぶようにしましょう。

今回紹介するアイテムもお値段のピンキリ幅が広いので目安はざっくりと付けています。*マークがついているものは重要度が高く早めに揃えておきたいものになります。

基本のアイテム

レーシングパンツ*

10,000円前後〜
レーパンは前回の記事でも触れたとおり、ウェアの中でこれだけは最初に欲しい!というアイテム。
おしりを守るため、紫外線や油汚れのダメージを受けないためにも重要なアイテムです。

スカート/ランニングパンツ*

1000円前後〜
レーパンだけで走るのは恥ずかしいという方はスカートやショートパンツを重ね着する人が多いです。
サドルに引っかかる事もあるのでレーパン一枚で着れるならそれが一番。スタイルのいい方はそれもカッコいいですよ。

サイクルジャージ*

6,000円〜
服装はなんでもいい!と書きましたが、サイクルジャージの便利なところは何でも入る背中のポケット。
ポケットにはスマホ、お財布(防水性のものや、フリーザーバッグを使う人もいます)、日焼け止め、リップ、補給食など必要最低限のものを入れられるので、手ぶらで走ることができます。

また、普通のランニングウェアと比べてみても生地の薄さは歴然。吸汗速乾性、通気性、軽量性に配慮されて高機能な作りになっているんです。
前傾姿勢になった時に腰元がめくり上がらないように、後身頃は長めに、裾にすべり止めがついているのもポイント。

ウェアを探すときは

日本では女性ローディー人口がまだまだ少ない事もあり、ある程度大きいサイクルショップやブランドのコンセプトショップに行かないとウェアの品揃えが少ないこともあります。特に大手の通販サイトなどでは安価なダサダサデザインのものがヒットする事も多くがっかりしてしまうかも。ですが、かわいいデザインのものもちゃんとあるのでがっかりしないでくださいね!
ワイズロードお茶の水レディース館のようにウェアの取扱が多いお店や、海外通販サイトWiggleなどで探すのがオススメです。

固定できるバッグ

4,000円〜(deuterは10,000円前後)
サイクルウェアを着ない場合や、通勤などで荷物を多く持つ必要がある場合はバッグが必要になってきますが、バッグならなんでもいいという訳ではありません。
ショルダーバッグは足に当たってしまうし、ボディバッグは固定用の紐がないとお腹側にずり落ちてしまいます。リュックの場合でもしっかりと身体に固定できないと、跳ね上がって身体に当たったり腰を痛めてしまう恐れもあるんです。

サイクリストの定番はdeuterのリュック。腹部と胸部の2箇所のベルトでしっかりと固定させて背負うことができます。背中に密着しない作りでムレを防いだり、レインカバーが内蔵されていたりと、自転車に乗るための工夫が施されています。
ただしdeuterは形が特殊なので物をたくさん入れるのには不向き。
通勤で書類を入れたい場合や容量を重視したい場合にはメッセンジャーバッグやバックパックの方が向いています。
ポタリング用にボディバックを探すなら、スポーツ、アウトドア向けのものを探すと身体にしっかり固定できるものが見つかりますよ。

スポーツブラ、インナー*

上2000円前後〜、下1000円前後
ランニング用のスポーツブラではホールド力が重視されますが、サイクリングの場合は上下に揺れる運動ではないのであまり気になるポイントではありません。やはり重要なのは通気性、速乾性。そしてもう一つ配慮したいのが、“長時間楽につけていられるか”ということ。

スポーツブラは胸の下がゴムになっているものが多く、締め付けが気になったり汗が溜まってかぶれるという人もいます。ゴムが気になる場合はブラトップやノンワイヤーブラの方が楽かもしれません。
また、暑くなるとジャージの首元を開ける時もあるので、胸元が浅めのデザインのものがいいかも。
ファストファッションブランドや通販でも取扱が多く選択肢は多いので、自分にあった一枚を見つけられるといいですね。

レーパンの下には、何も履かないのが推奨されています。どうしても気になる場合にはシームレスインナーがオススメです。詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

靴下

1,000円前後〜
靴下もなんでもいいものではありますが、油汚れが着くので普段用とは分けたいですね。
自転車用のものでは、通気性やフィット感、土踏まずのアーチサポートなどの機能に優れたものがあります。

ランニング用やスニーカー用のものでくるぶし丈のものがありますが、ロードバイクのスタイルには少し長めの靴下がカッコイイ。
腰から下から黒尽くめになるので、長めの靴下はバランスよく見せてくれます。カラフルな靴下でアクセントを加えるのもかわいいですよ。

夏場の装備

img_article_wear-cost_01

夏場は半袖短パンかな?と思われるかもしれませんが、自転車乗りは夏でも布面積多めです。
日差しを直に浴びると疲労に繋りますし、何より焼けたくない!
日焼けを防ぎつつ、熱中症も予防するような格好で走りましょう!

アームカバー*

2,000円〜4,500円
日差しから守るアイテムとして重要なのがアームカバー。特にクール仕様になっているものは、真夏以外に着用すると寒いくらいの冷却効果です。
真夏にはアームカバーに水をじゃばじゃばかけて気化熱を利用して身体を冷やす、という使い方もします。

サイクルキャップ/バフ

2,000円前後〜
サイクルキャップはヘルメットの下にかぶる帽子。バフはバンダナタイプでネックウォーマーやフェイスカバーとしても使えるもの。どちらも生地は薄く、ヘルメットの下にも無理なく被ることができるんです。
ヘルメットを被っていても日差しは頭部にダメージを与え、真夏は頭部が熱をもってしまう事もあります。日差しを遮るものを着用すればダメージ軽減につながりますし、濡らして頭部を冷やすこともできます。
頭部からの汗を止める役割もあるので、汗が目に入るのも防げますよ。

ベースレイヤー

3,000円前後〜
サイクルジャージは一枚でも着用できますが、敢えて重ね着するメリットも。
高機能のベースレイヤーは、サイクルジャージよりも吸汗速乾力が高いので、素早く汗を逃してくれます。
また、汗の逆戻りを防ぐので、休憩中やダウンヒルのときにも身体を冷やしません。冷えが気になる女性こそ持っていたいアイテムですね。

冬場の装備

img_article_wear-cost_02

冬場はレーパンもジャージも裏起毛の暖かいものが必要になるので全体的にアイテムの価格が高くなります。更に防寒グッズも必要になってくるので夏場より出費が多い!
寒い時期はなかなか自転車に乗る気が起きないという人が多いと思いますが、しっかり防寒して楽しみましょう!

冬用ジャージ*

10,000円〜
冬のジャージは名称が細かくて困惑しますよね。ジャージ、ジャケット、シェル、ダウンなどと色んな種類があります。それぞれの明確な違いは分かりにくく、特に冬用ジャージとジャケットは境目が曖昧なので説明は割愛。
雪の中や真冬の山を走りたいのでなければ、少し厚めの作りで裏起毛になっている冬用ジャージを一枚持っておけば大丈夫。サーマルインナーやウインドブレーカーなどを重ね着して調整しましょう。

ウインドブレーカー*

13,000円前後〜
章見出しの写真は通常のアウトドア用ウインドブレーカーです。サイクリング用のものはもっと薄い生地で小さくたためるものになります。ウインドブレーカーは小さく持ち運べるので、温度調整に役立つアイテム。冬場のアウターとしてはもちろん、春秋の朝夕の肌寒い時やダウンヒルの時などにサッと出して羽織れて便利です。

サーマルインナー

4,000円前後〜
冬場に欠かせないのがサーマルインナー。
冬場は発熱性のインナーで身体を暖める事と同時に、汗を冷やさない事が大事です。
ポタリング目的であったりアイテムを揃えるまでの繋ぎとしてはヒートテックインナーも活躍しますが、冬でもたくさん汗をかく乗り方をする場合にはスポーツ用、登山用のサーマルインナーなどでしっかりと汗対策をしましょう。

その他の防寒対策グッズ

冬場は足元がとにかく冷える!
自転車用のシューズは通気性を重視した作りになっているので、そのままだと冷気が直に足を冷やします。
シューズカバーやトゥーカバーなどゴム製のカバーで靴の中に空気を通さないようにしましょう。

また、耳もとや鼻先も冷えるポイントなので、耳までカバーするタイプのインナーキャップや耳あて、ネックウォーマーなどを駆使して防寒対策をとります。
お腹を冷やしたくない方にはスポーツ用の腹巻きもありますよ!

春秋の装備

サイクルジャージは半袖のものが主流なので、肌寒い時期はどうするの?と疑問に思う方もいるのでは。長袖の春夏ジャージもありますが、活躍する時期が短いので基本は半袖ジャージを考えます。
冷感、ノーマル、裏起毛・サーマルと季節毎に厚みや機能の違うアームカバー、長袖インナーを組み合わせれば、各気温に合わせて柔軟に対応できるんです。
自転車用のボレロやウインドブレーカー、ベストなども調整に役立ちますよ!

こちらの記事も参考に

女性のサイクルウェアの着こなしについて過去の記事も是非参考にしてみてください。


ayumi

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Loading...
Menu Title